四ツ橋駅は 長堀通交差点の南側・四つ橋筋に沿って伸びる駅です

四ツ橋駅は 長堀通交差点の南側・四つ橋筋に沿って伸びる駅です

関西を代表する繁華街・心斎橋エリアと、ハイセンスな落ち着いた街並み堀江(北堀江・南堀江)エリアの中間に位置する「四ツ橋(よつばし)エリア」。四ツ橋エリアの主要駅が、四つ橋線の「四ツ橋駅(よつばしえき)」です。四ツ橋駅は、長堀通交差点の南側・四つ橋筋に沿って伸びる駅です。四ツ橋駅は、Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄)四つ橋線の停車駅の1つで、大阪メトロ四つ橋線は大阪市の西梅田駅を起点に、同市住之江公園駅までを結ぶ路線です。大阪メトロ四つ橋線「四ツ橋駅」という表記を見て、その微妙な違いに気がつく方もいるかもしれませんが、路線名には「四つ橋線」・・「つ」が使われており、駅名には「四ツ橋駅」・・「ツ」が使われています。微々たる違いながら少々ややこしい表記の違いですが、これは路線名「四つ橋線」が四つ橋筋に由来するのに対し、駅名「四ツ橋駅」は一帯の地名が採用されたことによるものだと言われています。もとは表記を申請した際に別の表記での届け出をしたことが起源だという話もあるようです。四ツ橋駅は、地上を歩くと心斎橋駅からは近いとはいえ多少離れているように感じますが、実は大阪メトロ心斎橋駅から駅の構内で繋がっており、心斎橋駅と同一駅として扱われることもあります。乗降人数の調査も心斎橋駅と同一の扱いで、大阪メトロ四つ橋線の中ではなんば駅・本町駅に次いで第3位、地下鉄路線全体で見ても第6位と、上位にランクインしています。また、心斎橋駅から駅構内を連絡しても四ツ橋駅へはたどり着けますが、地下鉄心斎橋駅から長堀通に沿って伸びる地下街・クリスタ長堀を突っ切っても四ツ橋駅までたどり着け、駅まで地上を歩かなくとも様々なルートがある点も、四ツ橋駅ならではの特徴です。四ツ橋駅がある四ツ橋エリアは大阪屈指の繁華街ミナミと隣接していながらも街全体の空気は穏やかで、雰囲気の良いブティックやカフェ、インテリアショップ、アパレルショップなどがオシャレな店舗が展開していることも特徴の1つ。近隣にはビッグキャット、アメ村、堀江、心斎橋、なんばなどがあり名所に囲まれたエリアでありながらも、利便性の良さと落ち着いた街並みから住宅地としての人気も高く、近年では高層マンションなどの建設も顕著です。四ツ橋駅周辺にはオフィスも集積しており、職住近接エリアの代表でもあります。さらに、四ツ橋駅を擁する大阪メトロ四つ橋線ですが、起点となる西梅田駅から大阪市淀川区にある阪急各線「十三駅(じゅうそうえき)」を結ぶ計画「西梅田・十三連絡線」があるようです。現在は未成線で、同エリアにおける別の鉄道計画であるなにわ筋線・北梅田駅(仮称)と十三駅を結ぶ「なにわ筋連絡線」 計画とともに検討段階ということ。十三駅は阪急路線の乗り換え駅として大変利用客も多く、京阪神へ向かうのに利便性が良いため、将来的に梅田周辺の地下鉄と十三駅とが繋がることになればキタエリアはさらなる発展も期待できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です