大阪のメンエス情報なら

⇒NNできるセラピストはこちら!

 

 

ザ・リッツ・カールトン大阪の標準的な客室であるスーペリアルーム

ザ・リッツ・カールトン大阪の標準的な客室であるスーペリアルーム

モダンな中にも和のエッセンスを取り入れた客室は、スタンダードルームながら50平米のゆとりある空間。窓際にはリラックスできるソファとワーキングデスク、またドレッサーを備え、5ポイントのバスルームでは、2ボール洗面台と、直径1.2mの大きな円形バスタブ、レインシャワーを完備しています。全面に配された窓からは地上200mからの大阪の絶景を臨み、刻一刻と変わりゆく眺望をご堪能いただきながら、快適なホテルステイをお楽しみいただけます。

ザ・リッツ・カールトン大阪の標準的な客室であるスーペリアルーム。高層階ならではの開放感あふれる眺望と、大阪でも屈指の広さを誇る40平米以上の空間が特長です。イタリア産大理石を使用したバスルーム、ダブルシンクの洗面台、充実したアメニティやテリー織りのバスローブなど、贅沢な標準仕様で統一しました。ザ・リッツ・カールトン大阪ならではの、優雅で快適なご滞在をお楽しみください。客室にて、高速インターネット接続システム【Wi-Fi(無線LAN)、高速LAN回線】を無料でご使用いただけます。

ザ・リッツ・カールトン大阪の標準的な客室であるスーペリアルーム。高層階ならではの開放感あふれる眺望と、大阪でも屈指の広さを誇る40平米以上の空間が特長です。イタリア産大理石を使用したバスルーム、ダブルシンクの洗面台、充実したアメニティやテリー織りのバスローブなど、贅沢な標準仕様で統一しました。ザ・リッツ・カールトン大阪ならではの、優雅で快適なご滞在をお楽しみください。・客室にて、高速インターネット接続システム【Wi-Fi(無線LAN)、高速LAN回線(有線)】を無料でご使用いただけます。

今回久しぶりの宿泊でした。結果から申し上げますと、大変残念な感想をもちました。大阪に滞在の際はいつも利用させていただいておりましたが、まるで、初めて伺うホテルのような印象でした。コロナのこともあり宿泊は久しぶりでしたが、いらっしゃるスタッフもほぼ以前とは変わられた様子で、唯一、入口にいらっしゃったドアマンの彼が名前を呼んで下さり、懐かしい場所に帰って来たようで嬉しい思いでした。何より残念だったのはクラブラウンジでの接客で、特にチェックアウトの際大変時間が(1時間ほど)かかり、挙句には精算にもミスがあるなど、不手際が目立ちました。前回も同じような感想をもちましたが、全く改善されていないどころか、酷くなっているようにも思います。ラグジュアリーホテルと銘打つなら、他のホテルにはない以前のような素晴らしい対応を心から望みます。多くのスタッフが頑張っていらっしゃる中、厳しい意見となり申し訳ございませんが、リッツカールトン大阪を愛するものとしては、初めて伺った時に感動したあの素晴らしい接客を取り戻していただくよう、切に願う次第です。

フランス料理、日本料理、中国料理、イタリア料理の4つのレストランとバー、そしてラウンジ。それぞれに趣向を凝らした空間で、旬の食材が奏でるハーモニーと、五感を満たす味の芸術をお楽しみください。フランス料理ラ・ベと天ぷら花筐が「ミシュランガイド京都・大阪+ 岡山2021」に 一つ星として掲載されました。

人の心を和ませてくれる世界共通のもの「花」をテーマに、SUPREME(最高級)を追求するラグジュアリーホテル。26階以上の高層階に位置する客室からは大阪の街並み・夜景が一望!記念日プランも充実!

景色を楽しみにしていたので景色のいい課金の部屋を予約し、最初、北側の高層階の部屋を希望と前もって行っていたにも関わらず、北側の部屋が空きがないとチェックインの際伝えられておらず、案内されたのは南側の下の方の部屋だったため、残念だった。何度か電話し、30分後くらいに部屋をなんとか変えてもらうことができたが期待していただけに少し残念だった。
シーズンもあると思うけれど、正直大阪でこの価格はかなり高いとは思ったものの、いい思い出が出来たのでまた宿泊したいとは思う。
最初に置いてあるアメニティがあまりにも少なく、複数人では足りないと思うのでもっと増やしたほうがいいかなと思う。
アメニティも女性用の洗顔や入浴剤等は初めから置いていなくて、言わないと持ってきてくれなかった点が少し残念かなと思った
部屋やご飯を食べるところからの景色は絶景だったので、夜も朝もすごく楽しめた。

4つのレストランとバーは天下の台所大阪の名にふさわしく、シェフのユニークでダイナミックなアイディアと、個性溢れるインテリア、そしてスマートなサービススタイルで新しいダイニングエクスペリエンスをご満喫いただけます。ビジネスにもプライベートにも最適です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました